2012年8月11日(土)



今日も旦那さんは朝3時半に起床し、オリンピックのサッカー男子3位決定戦を観戦。
私は眠いので布団でゴロゴロ。

今年の初めから旅行の計画をしている時に、ここ祖谷峡でどーーーしても行きたい場所がありました。
ただその場所は、今までのように「朝食前に散歩」というような手軽な場所ではないため、
チェックアウトをするまで行こうか行くまいか悩んでいました。

四国はそうそう気軽に来られる場所ではないし、今行かなかったら絶対に後悔するだろうと思い、
その場所へ行くことに決めました。

距離的には宿から5〜6kmくらいですが、徳島の山の中の断崖絶壁を走る道路です。
所々2車線にはなっているものの、大半は相互通行がやっとの細い道。

しかも道路に石が転がり落ちているという、とってもスリル満点の道です…。


そして…。

冷や汗をかきながらやっとたどり着いたそこは…。



祖谷峡のシンボル「小便小僧」!!!


「小便小僧」という名前で、きちんとマップルにも掲載されています。
この小僧の何がスゴイって、この断崖絶壁を見下ろすように建てられています。


私も柵から身を乗り出して下を見てみた…


昨日の大歩危の高さなんて比ではないくらいの、体中の毛がゾワッとするくらいの断崖絶壁!!!


エボも怖くて近寄れない(笑)


高さも満喫できたところで(笑)、そろそろ帰宅するとしましょう。


…と言っても、自宅まで800km以上の道のり(汗)
これは先が長い…。



大歩危小歩危を通り抜ける時に雨が降り始めてきました。
徳島県を脱出し、香川県の善通寺ICから高速へ。



初めての瀬戸大橋なので景色を見たりしたかったが、生憎の雨で視界が悪い。


晴れた時はとても景色が良さそうなのに、とっても残念。



でも今回の旅行、出発直前まで四国方面の天気予報があまり良くなかった。
だけど結果的には毎日晴れて、雨が降ったのは帰る日のみ。

その後も山陽道ではずっと雨に降られ、兵庫県の辺りで一旦止みましたが、
愛知県周辺でまた降られる始末。
雨の高速は滑りそうで怖いので、急がずまったりと走って帰宅。

群馬へ近づき、掲示板にやっと「高崎」の文字が見えた時は、安堵感でいっぱいでした。



5日間の総走行距離 2427km



今回は初めての四国だったわけですが、「行って良かった!」という感想です。
主に高知県がメインでしたが、海あり山あり川ありで自然がとっても豊富、景色に富んでいて、
日本もまだまだたくさん良い場所があるな、と再認識しました。


次回、四国へ来るときは、しまなみ海道から愛媛県へ行くのも良いかもしれません。



TOPへ




inserted by FC2 system