2016年9月3日(土) 北海道旅行1日目

 

  今年の夏休みは例年より1ヵ月遅い9月に取り、8泊9日で北海道へ行くことにしました。
  今回は6年ぶりに道東方面を中心に計画をしたため、青森-函館間のフェリーではなく、
  八戸-苫小牧間のシルバーフェリーを予約。

  せっかく青森まで行くのだから、天気が良ければ龍飛方面へ寄って行こう!
  という欲張りな気持ちが出てしまい、1週間前から天気予報を毎日チェックします。

  青森の3日(土)は晴れ予報☀が出たため、22:00八戸発のフェリーに間に合うように自宅を出発します。

  …が、朝2時半頃目覚めてツイッターを確認すると、東北道の下り矢板IC付近が事故による通行止め!!
  道中でメイク休憩をしようとしていたが、通行止めが解除になるかもと思い、自宅でメイクをして時間稼ぎ。

  予定より遅めの朝4時半過ぎの出発となりました。



  青森県の大鰐弘前ICで降りるので、そこまでをナビにセットしてみる。
  先は長い…。今回も100km交代で走って行きます。



  安積PAで(6:30頃)。飲んだ後にもれなく水が欲しくなる、濃い~いヨーグルト。


  福島県内はほとんど曇り空で、宮城県に入った頃から青空が出て来ました。
  そして北へ向かうほど暑さを感じて来ました。



  小坂PAで(11:30頃)、運転交代を兼ねて、高速を降りる前にフロントの虫落としを。
  高速と道内での虫対策のために、撥水のワックス洗車をしてきたため、すぐにフロントはキレイに♪



  11:40頃、長かった高速道路に別れを告げ、大鰐弘前ICで降りると同時にオープン!!
  やっとオープンにできたものの太陽の光が容赦なく降り注ぎ、青森県といえども暑さが半端ない…。

  せっかくオープンにしたのだから、少しの暑さはガマンして走ります。



  「道の駅 もりた」でボリュームたっぷりの昼食を頂きました。




  買って帰りたい気持ちをガマン…




  屏風山広域農道(メロンロード)で龍飛へ向かいます。




  「道の駅 こどまり」に寄ります。
  旦那さんがソフトクリームを食べたが、私には濃すぎて食べられないソフトでした…。



  良い天気で、本当に来て良かった(^^)




  眺瞰台からも北海道が見えて、「これから行くから待ってろよ~!!」と心で叫ぶ。




  龍飛まで行ったらこの曲を聴かないとね。
  相変わらずの大音量で、途切れることなく響いていました…。


  今回は灯台は行かないで、あじさいロード(K281)を通って海沿いのR280で津軽半島を南下していきます。



  平舘灯台まで来たら、ちょっと雲行きが怪しくなってきました。




  でも、仏ヶ浦方面は見えています。
  向かう方向の雲行きが怪しいので、危険なので屋根を閉じて八戸へナビをセットします。



  八戸フェリーターミナルには20:00頃到着。
  出港2時間前にも関わらず、予想以上の人の多さでした。



  今日乗船するのは『シルバーフェリー』です。
  普段船なんて乗る機会のない海なし県に住んでますので、もう見ただけでワクワクしっぱなし。
  カッチョイイな~!!なんてまるで子供のような気持ちになります(笑)


  まだ乗船するまでに時間があるので、ターミナル内にある食堂で、旦那さんはカツ丼、私は醤油ラーメンを。
  ラーメンがこれまたしょっぱくて、全くおいしくない(笑)
  東北の方は味が濃いな~なんて思いながら、無理やり食べる(笑)

  
  運転手と同乗者は別に乗船するので、私はひと足先に船内へ。



  今回は1等洋室(2名)を予約しました。
  2段ベッドと洗面所、テレビ、フェイスタオル等のアメニティが付いています(トイレは別)。

  3年前に就航した新しい船なので、船内はとてもキレイです。



  コイン式の冷蔵庫もあって、すごく便利。要冷蔵のおみやげを購入してもこれで大丈夫!
  私は風呂上りのビールを冷やしておきました(笑)


  船内のお風呂も入ってみました。
  洗い場が6ヵ所くらいしかないですが、ちょうど空いている時間だったのかスムーズに入れました。
  窓から外の遠くの明かりが見えて、普段は味わえない経験ができました。


  宿代わりにフェリーを使うために1等を予約しましたが、微妙なエンジンの振動などであまり眠れませんでした。
  (旦那さんはソッコー寝ていたw)


  翌日6:00にはいよいよ北海道上陸です!
 
 
 
 
走行距離 941km     走行ルート
 
 
北海道旅行2日目
inserted by FC2 system